SOPHIA・Rayflowerのミラクルスーパーキーボーディスト都啓一さんのファンサイト。

TOP > Webmaster - 駄文 > 『ファン』と『サポーター』

『ファン』と『サポーター』

言うまでもなく私は、都さんが好きだーという思いが高じて今までサイト運営を続けている。
そしてそんな私がSOPHIAや都さんには遠く及ばないにせよ
夢中になっている趣味のひとつに『サッカー観戦』がある。
特に地元チームの浦和レッズは、自分で言うのも何だけれども結構熱狂的に応援している。

浦和レッズに限らずサッカーというジャンルにおいては、
サッカーを見るのが好きで、スタジアムに足を運び熱心に試合を観戦したり、
はたまたゴール裏で熱く応援をする人のことを総称して『サポーター』と呼ぶ。
そして特に浦和レッズの『サポーター』は、
自分たちのことをサッカー『ファン』と呼ばれる事を嫌う人が多い(気がする)。

『ファン』というのは、辞書によると
(チーム・俳優などの)熱狂的な支持者、(スポーツ・趣味などの)熱心な愛好者
……となっている。
サッカーのサポーターにしてみると『ファン』というのは、
好きの程度に関わらず『サッカーやチーム、選手が好きな人』のこと。
……という印象付けをしている人が多い(気がする)。
別にそれが良い悪いとかいうことはない。

では『サポーター』はというと、『ファン』とは定義が違う。
試合の度にスタジアムまで駆けつけ、選手を、チームを、一生懸命応援する。
自分たちがスタジアムに行くことが選手を後押しする。
(特にゴール裏など応援が熱い場所では「自分たちは選手と共に闘っている」
 という意識が自然と生まれ、その思いは確実に選手に力を与えている。)
自覚していなくても、スタジアムにチームを応援しに行くことで
『ファン』を超えて、その人は『サポーター』になっているのだろう。

で、なぜ私がここでそういう話をしたのかと言うと、
ふと、アーティストの『ファン』は『サポーター』にはなりえないのか、と。

まぁ単なる呼び方の問題かもしれないので
(考えてみたら野球だって、あんなに熱心に応援しているのに『ファン』だし。)
別にこれに特別こだわる必要はないと思うけれども……。

ここ最近SOPHIAのライブ中、この空間の中にいる双方の関係は
『アーティストとファン』よりも『アーティストとサポーター』の方がしっくり来るな、
なんて感じた瞬間があった。
別に自分たちがSOPHIAを後押ししてるなんておこがましい事を言うつもりはないけれど……。

なんとなくここ数年私は、『ファン』じゃなくて『サポーター』でありたい、と感じてしまう。

……単なるサッカー脳か。(ここまで書いておいてなんだけど。)

June.2007. written by kaorhythm.

→駄文へ戻る