SOPHIA・Rayflowerのミラクルスーパーキーボーディスト都啓一さんのファンサイト。

TOP > Webmaster - 駄文 > SOPHIAの曲名を機械翻訳にかけてみる

SOPHIAの曲名を機械翻訳にかけてみる

学生時代、コンピュータの授業中に英訳したい言葉がありまして、それを
nifty翻訳で 調べ始めたことがことのキッカケ。
(この当時は機械翻訳でおかしな翻訳が出るという事が
あまり一般的ではなかったため、物凄い爆笑を呼んだ。)

以下、機械翻訳にかけて本来の意図を殺がれてしまった
SOPHIAの楽曲の数々をご覧ください。

まず序の口から。

Dancing in the moonlight












月光の中でダンスをすること



ここで驚きなのが『~すること』。

なんと『Dancing』、
動名詞で訳されてます。
(動名詞=動詞の原型+~ingで名詞の役割をする。)
ずっと現在進行形だと思ってました。(笑)



はい次。

NO EXIT BLUES











出口は青くなりません。



なぜ?!
ブルースの意味わかってないよ!(笑)

(※ブルース・・・19世紀なかば、アメリカの黒人が作り出した。
ジャズの音楽的、精神的基盤となった歌曲のスタイル。)





次、ちょっとカッコイイシリーズ。

nothing














漢字一文字です!カッコイイぞ!!





forget











忘れます



何故か忘れることを宣言してます。
普通直訳だったら『忘れる』だろう?!(笑)




次、nifty頭混乱シリーズ。

Secret Lover's Night











秘密恋人の夜



『秘密恋人』って……何?(笑)
Secret Lover、もっとマトモな訳し方はないのか?
めちゃくちゃ直訳すぎ。






CLIO











クレイオー


(爆)

何すか?クレイオーって。(笑)
固有名詞的なものは上手く和訳できず、こんなことになるらしい。

ちなみに予想がつくと思いますが、
『CLIO'S BLUE』は
『クレイオーの青』でした。(笑)





take me away











私を追い出します。



……違うだろ!!
ちなみに 『take away』で翻訳かけてみたら、
『片付けます。』になった。(笑)
しかもなんで全部宣言形なのか?

……ちなみに、本来は多分
『私を連れ去って』
って感じの意味だと思われ。(笑)




Birds of view











バードは視界を注視します。



ば、バード。(笑)

Birdsくらいちゃんと訳そうよ。(笑)
しかも意味違うし。
もう笑うしかありません。(爆)





DIVE SURFER











潜水サーファー



合ってないような合ってるような微妙な感じ。
でもこの言い回しが素敵。




はい、そして爆笑シリーズ!!

Kissing blue memories
(何だか、どうなるのか期待できませんか?笑)











青いメモリへのキス




……メモリ (爆)1Gくらいかな。





Dear my crescent moon











拝啓、私の弦形の月


『拝啓』……って。(笑)







KURU∂KURU
(これを訳そうと思うあたり、チャレンジャーでしょ?笑)











クールー・クールー



何者?!(爆)


まぁ確かに歌えば
『くーるーくーるー♪』ってなるけどさ。(笑)



以下、2006年更新版。



Yes, attention











はい注意


いや、そうなんだけどさ(笑)
なにこの先生口調(笑)





please, please











お願い。



一度言おうが二度言おうが「お願い」の一言で一掃。
うーん年月を経て機械翻訳のクォリティあがってる?(笑)

ひさびさにやったら
あまり面白い結果が出なくてしょんぼりだったのでした。

→駄文へ戻る