SOPHIA・Rayflowerのミラクルスーパーキーボーディスト都啓一さんのファンサイト。

TOP > Miyako Keiichi - 都啓一基本情報+α > 月刊そ☆ぴあ新年号

月刊そ☆ぴあ新年号

2005/01/09 OA 「メンバーそれぞれ2004年を振りかえる」都の巻

松さんにいぢられる(笑)都さんが妙にツボって、文字起こししてみました。

で、都くんの2004年は?
2004年。 
はい
2004年なぁ…なんっ……えーっとねー…あ!ま、まぁ車を買い換えた事もあったし…。
(笑)あ、あぁプライベートでね!
プライベートでね。(笑)
買い換えましたねーカッコイイ車買いましたよー
スーパーカーですよー すごいもん、持ってんなぁ
トモ 持ってんなぁ、って!(笑)やらしいな!
あれでちょっと生活きつきつになってんだから!(笑)
うわーあれえぇくる…あ、2台買い換えましたね。
2台…買い…変えましたねぇ。
ねー。ブルジョワジーですよこれ。 
いやいやいやいやいやいやいやいや
もう、スーパーカーと、世界の高級車を……
世界の高級車って!なんかやらしい話なってる(笑)じゃ、ここカットで!(笑)
  (一同笑)
まぁまぁまぁまぁ…
やっぱりそれは……あれやの?プロデュースしたから?
ちーーーがーーーーー(笑)    ※BGMでプロデュース曲が流れる。(笑)
そんなことない!そんなことないよ!?
でもまぁ、普通になぁ、僕ら見てたらそう思うわなぁ?
まぁ…
あれで、あれかぁ…みたいな
  (一同笑)
あれが、これに、なったんや(笑)
もう、なに言ってんーー!
ねぇ?皆やっぱりそう思うじゃないですか
いーやいやいやもう月賦ですよ月賦!月賦ですよ!
まだまだ払ってない!!!(笑)いやいや…ほんまねー…
ねぇー…紫色と…青い車をね。…2台
あっはっはっはっは……
大っ体もう普通日本人の買う車やったら、シルバー、、黒、、白、、
えーこれは何故かと言いますと、売る時に売りやすいからなんですよ。
トモ あーらしいねぇ
あー…まぁねぇ……
要は流通しやすい車ということで。
まぁ、なるほどねぇ…。
それを考えなくてもいい、と思ってる人はー、好きな色の車を買う訳ですよ。
ちょい!ちょい!ちょいちょい待って!なんかやらしい!だって黒ちゃんとかと全然違うやん!
一番やらしいのトモの真っ黒でえぇと思ってん!全然!
いやいや、トモもなぁ、また一から頑張ります!言うてー
僕も一から頑張ってますよー
トモ (笑)
いや、あの車…いや車ちゃう…バンドを始めましたー (※注・トモくんの2004年)
旅に出ましたー雨に打たれてちょっとおっきくなったかもしれへん (※注・ジルの2004年)
で、バンドをね、一から無名のとこからやってますー (※注・黒ちゃんの2004年)
で、都さんなんですか?「えー車を…」って!(笑)
  (一同笑)
なーんじゃそりゃーー
いや、まぁ、まぁ、まぁ、プライベートはそういうぐらいやなぁ…
あ、プライベート。
スタッフ またここで自慢して欲しいやん
  (一同笑)
ちょっと、お前今ねぇ、なんかぽろって喋ったなぁと思ったら物凄い、こう… 
スタッフ ずーっと見せられたんでー…
トモ イメージ悪ー
あいつが乗りたい言ったんですよー!?NKホールでライブやった後に、
じゃあ、まぁ家も近いからー、じゃあ乗って行くー?言うて。だーって乗して。
あの100円パーキングじゃなくてさー、バーの開閉するパーキングあるやん?
トモ あぁ
あれ……都の車、タダらしいで?
(爆笑)
トモ あーぺったぺたやから!
ぺったんこやから。
あーあのバーくぐれんのか!(笑)
くぐれるー(笑)普通に出れるらしいブーンって。
そりゃーえぇスーパーカーですから。
(爆笑)
トモ すごいなぁ…
これはねーウォンウォンウォンウォンうるさいくらい…
ねー、ちょっとあれはねぇー…
ガルウイングやったっけ?(※注・ドアが上にガパーっと開くやつ。
ガルウイングじゃないです。
ガルウイングじゃないんか。あぁ。
そんなブルジョワじゃないっすよ。
ライト、パカーッて開くねんなー。
まぁライトはパカーっと…
ガソリンタンク…ガソリン入れるとこ2個あるんですよ。
…ほう。
だからもう、そのー…ね、僕らみたいな庶民はー右側かなー?左側かなー?
焦るじゃないですか。どっちから入ってもどっからでも入れてくれ!
そんなのガソリン代くらい、いつもこのプラスチックマネーで払っちゃうからわからん!
そんな感じですよ。凄いっすねーやっぱ違う!
ほんっまやらしーー
一人だけ違うもんなー
何言うてんの!ねぇーまたよう言いますわー
いやでもけど、音楽的には?
あ、音楽的には…
都くん、ゴミついてまっせ
あーゴミ、ゴミ…物凄い焦って…………とれましたー?
うん、ほんでー?ほんでー?
音楽的…音楽的には……えーと…
いや、なかったら別にいいですよ。車で。(笑)
いやいやいやいや!あ、あのー舞台の音楽やらせてもらったりとか。
あーやってましたねー!
はーい、あの、ID ZEROっていう…
ID ZERO。
はい、音楽をやらせてもらったりとかー…あと……あ、そうだそうだ
うちの映画のね。
そう、ever blueの
ever blue-filmsのね、サウンドトラックもやりましたけど。
そう、やってたけど…あと何やってたかなぁ…
あとまぁ、プロデュースもやったりね。
あーーそうっすねー。とか……あとーはー…あぁそうそう来年になるんですけど、
うん
KORGのサウンドコンテストがあって、
に応募すんの?
の審査員を。
  (一同笑)
審査員!
ほんでーんで今結構お店とかチラシがこうあって…
かたやーライブハウスのーオーディションをやってるのをー (※注・トモくんの2004年)
かたやKORGの審査員!!素晴らしいね。
(笑)
そりゃー車も買うわ!!
  (一同笑)
なんっか、ものすごいやらしくない!?さっきから!!
すっごいなんかね、ほんっと…こう…
だからね、誰がやらしいんか、いう話やねん。要は。
ボクは、もう仕事がんばろっ♪っていう…いろいろね!がんばろっ♪っていう…こう…(笑)
あんたやー!(笑)
俺かーやっぱ!(笑)やらしいか!…いやいやいや~…
なんかねーまぁちょっとー…いろいろまたちょっとこれからもー…
まぁ、それぞれいろいろ頑張ってるって事でね。
はい。
で、まぁ僕は~…(以下松岡充2004年を振り返る)